熊本地震の記録

西原村・大切畑大橋の現状公開 1メートルの横ずれ確認    2016年9月21日

ookirihata無題.jpg熊本地震で大きな被害を受けた俵山バイパスの橋のうち、西原村の大切畑ダム橋と大切畑大橋の現状が報道機関に公開されました。

熊本市から南阿蘇村方面に抜ける俵山バイパスの橋は、各所で橋げたがずれるなどしています。大切畑ダムの横を走る大切畑ダム橋(写真下)は、俵山バイパスにかかる6つの橋の中では比較的被害が軽く、もうひとつの橋とともに、2016年度内に復旧工事を終えることを目指して工事が進んでいました。

ookiridA_R.jpg

一方、大切畑大橋(写真下)は約1メートルの横ずれが確認され、橋につけられたパイプや橋の基礎部分が激しく損傷しています。大切畑大橋は工事開始時期もまだ決まっていません。熊本市から西原村を経由して南阿蘇村に至る「俵山ルート」は、俵山トンネルが復旧する年内には村道などを使って開通する見込みですが、大切畑大橋を通る俵山バイパスの完全復旧については見通しは立っていません。

ookiriAA.jpg

エントリー