熊本地震の記録

アスファルトの下に空洞 熊本市の県道に 地震が影響?   2017年4月28日

0428kuudou1_R.jpg熊本市中央区新屋敷の県道瀬田熊本線で、道路の下に大きな空洞が見つかりました。熊本地震の影響でできた可能性もあり、市はほかにも同様の空洞がないか、調査を急ぐことにしています。

空洞はアスファルトの下に縦5.1メートル、横2メートル、深さ1メートルにわたって空いていました。熊本市は今年1月から、熊本地震の被害が大きかった地区を中心に、レーダー探査などで道路の調査を続けており、その調査で見つかりました。

kuudou2_R.jpg市は空洞を埋め立てる緊急工事を行い、28日午後11時30分に復旧工事を終えました。空洞が空いた原因は不明ですが、地下水などの影響はないということです。市の調査は7月まで行われる予定で、熊本市は道路の異常を感じたら知らせてほしいと呼びかけています。

エントリー