熊本地震の記録

益城町が災害対策本部を解散                2016年11月21日

ましきさいたいかいさn_R.jpg益城町は熊本地震直後に設置した災害対策本部を解散しました。

熊本地震の前震が発生した2016年4月14日に設置され、被災者の支援や被害状況の集約など応急対応を行ってきましたが、地震から7か月以上たち仮設住宅の整備が終わったことや、大雨や台風のシーズンが過ぎ2次災害のリスクが減ったことなどから、災害対応は次の段階に入ったと判断しました。西村博則町長は「今後は町民の生活再建に向けた取り組みを第一にやっていかないといけない」と話しました。

今後の被災者支援や復興計画づくりについては6月に設置した震災復興課を中心に、部署横断で設けた復興本部が担うことになります。これで災害対策本部を設置しているのは、阿蘇市と南阿蘇村のみとなった。

エントリー