熊本地震の記録

被災ペットを保護した県動物管理センター、愛護センターに    2017年3月20日

AIGO1_R.jpg蒲島知事は熊本地震の後、初めて熊本市にある「県動物管理センター」を視察し、4月から「県動物愛護センター」に名称を変えるとともに、犬や猫の殺処分ゼロを目指す方針を明らかにしました。熊本地震で飼い主とはぐれたり、捨てられたりした「被災ペット」の保護を契機に、動物を処分する場所から動物を守る場所で変わることになります。

aigoA.jpg県動物管理センターは保健所から送られた犬や猫の殺処分をする施設ですが、熊本地震後は「被災ペット」として保護された熊本市以外の犬と猫を預かってきました。しかし、もともと保護を目的とした施設ではないため、動物たちの生活環境の面などで課題もありました。施設の運営にあたっては、早くから殺処分ゼロに取り組んでいる熊本市の動物愛護センターの運営方法を取り入れていく方針です。

aigoB.jpgセンターを視察した蒲島知事は「動物を愛護するセンターに変わることで、まず心が変わることがとても大事。動物舎の設置など、動物が健康で快適に生活できるような環境に配慮した施設機能の充実を図る。人員の配置、財政的な措置を踏まえて(施設を)今後充実させていくべきと考えている」と話しました。

AIGO2_R.jpgこの日は動物愛護団体と知事の意見交換も行われ、蒲島知事はこのなかで、行政や獣医師会、動物愛護団体などからなる協議会をつくり、即殺処分ゼロを目指した運営を話し合うことも明らかにしました。

熊本の動物愛護を考える会ACTの増子元美代表は「行政のできないところを民間が手伝うことで、本当に飼い主が最後まで飼えるように、支えられる愛護活動をしていきたい」と話しています。

エントリー