熊本地震の記録

甲佐町の乙女小 11か月ぶりに母校復帰 卒業式も      2017年3月21、23日

otomeA.jpg熊本地震で被災し、近くの中学校を間借りして授業していた甲佐町の乙女小学校が元の校舎で約11か月ぶりに授業を再開しました。子どもたちは元気に登校し、ほぼ1年ぶりに子どもたちの元気な声が響きました。

乙女小は熊本地震の影響で敷地が地盤沈下で傾くなどして、校舎や体育館が使えなくなり、全児童121人は約5キロ離れた甲佐中の校舎を間借りし、スクールバスで通学していました。

otomeB.jpg改修工事が卒業式にぎりぎりで間に合い、3月23日には母校で卒業式を行うことができました。卒業生21人のなかには自宅が被災して仮設住宅で暮らす児童もいますが、ひとりも転校することなく全員が母校で卒業式を迎えました。 卒業生らは声を合わせて「多くの方に支えられて母校で卒業式を迎えることができました。これからは自分にできることを行動に移して恩返ししていきたい」とあいさつしました。

0323otomesyou6_R.jpg熊本地震では多くの学校が被災し、ほかにも一時、他校に間借りを余儀なくされた学校もありました。改修・補修工事が進み、乙女小学校を最後にすべての学校が「母校復帰」を果たしました。

エントリー