熊本地震の記録

益城町と熊本大学が復興に向け包括連携協定         2017年4月12日

170412mashikikumadai (1)_R.jpg益城町と熊本大学は、町の復興を進めるため、包括的連携協定を結びました。長期にわたる町の復興で、生活再建、都市計画、産業復興、防・減災、被災記録などの分野で緊密に連携する方針です。

ましきラボで行われた調印式には熊大の原田信志学長(写真左)と益城町の西村博則町長(写真右)が出席し、握手を交わしました。

熊大の教員や学生は地震の直後から災害復旧・復興支援活動や、仮設住宅住民の動向調査、被災者支援のボランティアなどに取り組んできました。

2016年10月19日には支援の拠点となるましきラボがオープンし、オープンラボ、勉強会開催など、行政と住民のつなぎ役としての活動を行ってきました。今後はこれからのまちづくりに研究者の知見や学生の柔軟な発想などを生かし、断層近くの建物の再建など、難しい課題で連携していきます。

エントリー