熊本地震の記録

高校書道部の生徒が揮ごう 仮設団地「みんなの家」に表札   2016年10月19日

1019minnnanoie_R.jpg益城町のテクノ仮設団地「みんなの家」で、高校生が揮ごうした集会施設「みんなの家」の表札の設置式が開かれました。

みんなの家の玄関の表札は、 湯前町が提供した杉板に、県内23高校書道部の生徒が、復興への思いを込めて揮ごうして設置されています。テクノ仮設団地の表札は第二高、東稜高、熊本マリスト中・高校の3校の書道部が作成し、この日は3校の生徒が自ら揮ごうした表札を玄関や集会所入口などに懸けました。

いくつかの表札には挿絵も入っており、表札の裏には仮設団地の住民へのメッセージも書かれています。10月中に95棟すべてのみんなの家に設置される予定です。

表札の揮ごうに協力した23高校は以下の通りです(順不同)。

濟々黌、第一、第二、熊本西、熊本北、東稜、阿蘇中央、御船、宇土、松橋、人吉、多良木、熊本商、翔陽、南稜、必由館、九州学院、東海大星翔、慶誠、熊本マリスト、ルーテル学院、熊本信愛女学院、熊本中央

エントリー