熊本地震の記録

「買い物弱者」に福音 移動スーパーが仮設を巡回       2016年11月26日

161126idousu-pa-.jpg熊本地震の被災地で買い物に苦労している高齢者らを支援しようと、仮設住宅などを車で回るスーパー「タッチマルシェ」が始まりました。

運営するのはスーパー「よかもんね」のシーズユーです。東京都の移動販売専門会社「タッチマルシェ」と提携し、商品棚や冷蔵庫を備えた移動販売用の軽トラックを購入。調味料やパン、生鮮食品など120品を積んで、熊本市南区城南町と益城町の仮設住宅21団地を中心に2016年12月1日から2日に1回巡回します。

11月26日には益城町宮園のよかもんね益城店で壮行セレモニーが行われ、関係者は「被災地の買い物弱者支援に向け、きめ細かに対応していく」と 話しました。

エントリー