熊本地震の記録

被災者の医療費免除延長を 益城町民らが県に要望       2017年9月7日

関連死亡志望ika無題_R.jpg熊本地震の被災者への医療費の免除措置が2017年9月末で終了することから、益城町の住民や医療機関で働く人などでつくるグループが、県に延長を求める要請書を提出しました。

熊本地震の被災者のうち、後期高齢者医療被保険者などの住民に対しては、窓口負担など一部負担金の免除や国民健康保険料の減免措置がとられていますが、特例措置に対する国の財政支援は9月末で終了し、窓口負担の免除は同時に終わることになっています。

市民グループは「医療費の負担が増えると受診が減り、持病の悪化などが懸念される」として、住民が安心して医療を受け、健康に過ごせるように、県が市町村に財政支援を行う形で免除措置を継続するよう求めています。

エントリー