熊本地震の記録

国道57号線「復旧ルート」二重峠トンネル着工         2017年6月17日

170617kitaA.jpgkitaB.jpg熊本地震で寸断された国道57号線の南阿蘇村北側をう回する「復旧ルート」のうち、二重峠トンネル工事で本格的な掘削工事が始まるのにあわせ、阿蘇市側で着工式が行われました。

熊本と大分を結ぶ幹線道路、国道57号線は南阿蘇村で起きた大規模な土砂崩れで通行できない状況が続いています。復旧ルートは南阿蘇村の北側を迂回して、大津町引水と阿蘇市赤水をつなぐ全長約13キロです。

2016年9月に新たな国道ルートとして国が決定しました。大津町東部と阿蘇市西部を結ぶ最短のルートとなり、そのうち二重峠トンネル区間は約3.7キロとなる予定です。

着工式には国や県、地元の関係者など約150人が出席しました。国土交通省によると、復旧ルートの完成には数年かかるということです。

エントリー