熊本地震の記録

再開に向けて苦闘する西原村の酪農家         2017年4月6日放送

熊本地震で牛舎を失い、40頭の牛を手放して何とか生活してきた酪農家の男性が、仮牛舎と残された10頭の牛たちと酪農再開に向けて苦闘しています。心の支えは地震直後に生まれた牛。「あの揺れの中で無事に生まれて、神様が恵んでくれたのではないかと思う。後継牛の一員として活躍してくれれば」と話しています。

エントリー