熊本地震の記録

県立図書館が一般書籍の貸し出しを再開         2017年1月6日

170106tosyoA.jpg熊本地震の影響で一部利用ができなくなっていた熊本県立図書館が、約70万冊の一般書籍の貸し出しを再開しました。

県立図書館は熊本地震で照明器具が落下したり、およそ100万冊にわたって書籍が散乱したりする被害を受けました(写真上)。復旧工事を進めた結果、70万冊の一般書籍の整理がつき、貸し出しができるようになりました。

ただ、館内はなお工事中のため、当面は利用者は書架で本を探すことはできません(写真下)。仮閲覧室で専用のパソコンを使って読みたい書籍を検索し、希望の書籍を職員に伝えると、職が代わりに本を探し出す仕組みにします。県立図書館では「しばらくは仮閲覧室を使うため非常にスペースが狭く、ご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが、多くの人に利用してほしい」と話しています。県立図書館は今年4月の全面再開を目指しています。

エントリー