熊本地震の記録

益城町の障害者自立支援施設再建へ 九州ラーメン党が奔走  2016年12月12日

161212ramen1.jpg熊本地震で全壊した障害者自立支援施設で、作業所の再建工事が始まりました。

自立支援の作業所は、益城町木山でNPO法人「そよ風福祉作業所」が運営してきました。このNPO法人は、ラーメンを通じて被災地の支援を行っている「九州ラーメン党」が立ち上げ、障害者を雇用して弁当や惣菜の製造販売をすることで障害者の働き口を確保し、自立を支援してきました。

しかし、4月の熊本地震で作業所は全壊してしまいました。九州ラーメン党は再建に奔走し、これまで支援活動を行ってきた東日本大震災の被災地などから逆に支援の手が差しのべられ、作業所の再建にこぎつけることができました。

濱田龍郎代表は「熊本城もそうだが、益城町も復興のシンボルとして全国にアピールするような福祉村を作っていきたい」と話しています。作業所は12月末には完成する予定で、2017年4月には、同じ敷地に九州ラーメン党の店舗や民間ボランティアの拠点も設けられる予定です。

エントリー