熊本地震の記録

地震から半年 益城町はいま 鎮魂の灯も        2016年10月14、16日

熊本地震で2度の震度7に見舞われた益城町。最初の震度7(前震)から半年がたちましたが、まだ地震の爪痕が残り、まだ避難所で不自由な暮らしを強いられています。

161016yoroyasuA.jpg本震から半年を迎えた16日には、益城町の特別養護老人ホーム「ひろやす荘」で、町内の小学生全員が復興へのメッセージを描いた約2300個の紙コップキャンドルに灯りが灯されました。「キズナ未来へ」の文字が浮かび上がりました。

エントリー