熊本地震の記録

地震で傷んだ緑川堤防 本格復旧工事始まる           2016年8月27日

160827MIDORIKAWAA.jpg熊本地震のため、堤防の複数の個所で亀裂や地盤沈下が起きた熊本市の緑川で本格的な復旧工事が始まりました。

工事開始に先立って、地元住民への現地説明会が熊本市南区富合町の緑川河川敷で開かれ、九州地方整備局熊本河川国道事務所の担当者が、パネルを使って地震直後の被害状況と、これから行われる工事の概要を説明しました。住民からは、現在通行止めになっている道路の開通見通しや、工事期間中の迂回路について質問が寄せられていました。その後、住民らが見守る中、仮設の堤防の一部となる矢板(やいた)と呼ばれる鋼板が打ち込まれ、工事が始まりました。

復旧工事は緑川や、同じ水系の御船川を含む14か所で行われ、来年3月末をめどに終了する予定です。

エントリー