熊本地震の記録

「じしんがおさまりますように」御船町の避難所で七夕の飾り付け  2016年7月1日

160701tanabata_R.jpg

地震で避難生活を送る人たちを励まそうと、御船町の避難所で幼稚園児を招いて七夕の飾り付けが行われました。約200人が避難する御船町のスポーツセンターにやってきたのは熊本市の園児たち。七夕の催しは避難している人たちと園児たちが交流するため、熊本YMCAが企画しました。

短冊には「けいさつになりたい」「じしんがおさまりますように」などのメッセージが。飾り付けに参加したお年寄りは「七夕飾りなんで何年振りか」「早く元のような生活に戻りたい...」「感動しましたあ」などと話し、子どもたちから元気をもらったようです。

エントリー