熊本地震の記録

園児の心の安らぎに 宇城市の保育園に寝ござ贈呈      2016年6月22日

160622negoza_R.jpg

宇城市のい草農家のグループが、地震で被災した園児たちの心の安らぎになればと、畳表でつくった「寝ござ」36枚を贈りました。

宇城市松橋町の「当尾保育園」を訪れたのは、宇城市小川町のい草生産グループ「小川草心会」のメンバー。保育園は地震で園庭に亀裂が入るなどの被害を受けました。元嶋真実会長は「地震で子どもたちもストレスを抱えています。畳を通して少しでも心のケアになればいいと思います」と話しました。

小川草心会は、東日本大震災の際にも福島県の仮設住宅に寝ござを贈呈しています。

エントリー