熊本地震の記録

くまモン こどもの日に3週間ぶりに活動再開 被災地に笑顔   2016年5月5日 

160505kumakae_R.jpg熊本地震が発生から3週間となる5日、活動を自粛していた熊本県の営業部長「くまモン」が活動を再開し、子どもたちに元気と笑顔を届けました。

子どもの日、被災地にもこいのぼりがあがった5日午前、くまモンは西原村の保育園で子どもたちの歓声に迎えられました。熊本県の営業部長で、海外でも人気のくまモンは、熊本地震の発生後、被災者の心情などに配慮して活動を自粛していました。県内外から「早く会いたい」という声が増えていたこともあり、子どもの日から活動を再開しました。熊本県によると、今後は被災した子どもや高齢者などとふれあうため、県内の避難所などを訪問するということです。

* * *

くまモンは10日、地震後初めて熊本市中央区のくまモンスクエアに登場し、本格的に仕事に復帰しました。

160510KUMAMONretuan_R.jpgくまモンスクエアには25日ぶりにくまモンに会うため、多くのファンが集まりました。さっそくくまモンとの交流を楽しむファンたちの中には、待ちわびた瞬間に思わず涙を流す人もいました。地震後、一時はすべての活動を自粛していたくまモンを励まそうと、海外からも含めて約560人から応援メッセージが寄せられていました。くまモンは営業部長席に座ると、さっそく自分へのメッセージに目を通していました。

今後は午前中に着尾瀬避難所や保育園を訪問し、午後は5月中は毎日2回、くまモンスクエアに登場する予定です。復興のシンボルとして、これまで以上に熊本に元気を与えてくれそうです。

エントリー