熊本地震の記録

「のみ水ありがとう がんばるけん」生徒がお礼のメッセージ   2016年4月18日放送

160418ganbaruken_R.jpg

「のみ水ありがとう がんばるけん」。グランドに出た子どもたちが、石灰でグラウンドに書いたメッセージです。地震の避難所となっている熊本市中央区の江南中学校の校庭に18日午前に書かれました。

最初の地震発生の翌日15日、子どもたちが最初にグラウンドに書いたのは、「のみ水ください」という文字でした。多くの人が身を寄せる避難所では、水が足りませんでした。

文字を撮影してツイッターで発信したところ、それを見た全国の人が、メッセージを拡散してくれました。まず800リットルの水を持った若者たちが駆けつけ、その後もペットボトルやタンクで飲料水が続々と届いたそうです。

生徒たちは全国の人たちにお礼を伝えるため、再び校庭に「がんばるけん」とメッセージを書きました。全国から寄せられた支援に勇気づけられ、トイレに水を運ぶなど、率先して避難所の仕事をがんばってこなしています。

エントリー