熊本地震の記録

「手を貸して」市長のツイ―トにボランティア1000人        2016年4月19日放送

OONISHI.R.jpg全国から救援物資が届いているのに被災地に届かない――熊本市の大西一史市長がツイッターでボランティアの参加を呼びかけたところ、1000人のボランティアが集結し、山積みになっていた救援物資の荷さばきが一気に進むというできごとがありました。

全国から届けられた救援物資はいったん県や市がまとめた後、必要に応じて避難所に送られます。しかし、熊本県はボランティアの受け入れをしておらず、救援物資の荷さばきをする人手が足りませんでした。

熊本市でもうまかな・よかなスタジアムに救援物資が山積みされ、荷さばきに遅れが出ていましたが、大西市長が自ら、物資を仕分けるボランティアを募集するとツイッターで呼びかけ(写真、ツイッターより)たところ、午前中だけで若者を中心に、1000人ものボランティアが集まりました。県のトラック協会も荷さばきの仕方をよく知るスタックを送り込み、行政と企業と市民が力を合わせて荷さばきを進めた結果、滞りはほぼなくなりました。

大西市長は地震の前から趣味の音楽などの話題をツイ―ト(つぶやき)し、若者によく読まれていました。市長はその後も地震関連の生活情報や市からの呼びかけをこまめにツイ―トしています。

エントリー