熊本地震の記録

赤ちゃんの泣き声に元気をもらう 玉名で土俵入り         2016年4月29日

160429dhyouiri_R.jpg

震災復興支援として、未来を担う子供たちが健康でありますように、と祈願する「赤ちゃんの土俵入り」が玉名市で行われました。震災で暗くなりがちな皆さんに明るい希望を感じてもらおうと、蓮華院誕生寺本院の南大門まつり実行委員会が開いたもので、恒例の南大門まつりの多くの行事は取りやめとなりましたが、赤ちゃん土俵入りは行われました。

被災した益城町や熊本市など県内外の0歳から2歳の赤ちゃん110人が色とりどりの化粧まわしをつけて、地元の力士さんに抱えられて土俵入りし、赤ちゃんたちの泣き声に会場から拍手が送られていました。緊急募金活動も行われ、集まった募金は被災地に届けられます。

エントリー