暮らしを支えてくれた会社や団体

イスラエル大使館と川尻小のゆるキャラが交流        2016年11月8日

syaroumuA.jpg駐日イスラエル大使館の公式キャラクター、シャロウムちゃんが熊本市南区の川尻小学校を訪れ、学校の公式キャラクターのラックル君や子どもたちと交流しました。

ラックル君は校内の緑を大切にするため、校庭のバックネット裏にあるラクショウ(落羽松)の木の妖精をイメージしてPTAなどが生み出したゆるキャラです。珍しい小学校のゆるキャラの存在を知ったイスラエル大使館が、シャロウムちゃんの初の九州訪問に合わせて「会いたい」と訪問を希望し、交流が実現しました。

体育館の壇上には、ラックルくんとシャロウムちゃんのバルーンアートもお目見えし、シャロウムちゃんは子どもたちの歌に合わせて踊ったり、ラックル君と抱き合ったりしていました。

シャロウムちゃんの熊本訪問にあわせてカハノフ駐日大使も蒲島知事を表敬訪問し、シャロウムちゃんは「ゆるキャラグランプリ」で顔なじみとなったくまモンとも再会しました。シャロウムちゃんは益城町の仮設商店街「復興市場」も訪れ、町民を励ましました。

エントリー