暮らしを支えてくれた会社や団体

ステーキ弁当と喜多方ラーメンで被災地がコラボ       2017年1月11日

鶴屋東北A.jpg熊本市中央区の鶴屋百貨店で始まった「東北六県の物産と観光展」に、東日本大震災と熊本地震からの復興を願ったスペシャルメニューが販売されています。

山形の米沢牛と熊本の赤牛を盛り合わせたステーキ弁当(写真左下、1日100食限定)は、米沢市の琥珀堂が2160円で販売しています。天草のわかめと旭巻を具材にした福島名物の喜多方ラーメン(写真右下、1日50食限定)は「熊本スペシャル」と名付けられ、一杯850円で、「老麺 まるや」が販売されています。東北各県の家具や民芸品も取りそろえ、大勢の人が訪れていました。

エントリー