暮らしを支えてくれた会社や団体

西原村の仮設団地に1日限定の移動動物園        2017年4月13日

413移動動物園_R.jpg西原村小森仮設団地に1日限定の移動動物園が開かれ、ヤギやカメ、モルモットなど約50匹の動物たちがやってきました。

県内の NPO 法人「One Field(ワンフィールド)」が企画し、九州や沖縄の動物園などで働く獣医師や飼育員たちがボランティアで参加しましたた。突然やってきた動物たちとふれあい、住民からは笑顔が溢れました。大きなリクガメの甲羅をなでた仮設住宅に住む女性は「触るのは初めて。ありがとうございました。元気になりました」と話しました。

1006移動動物園A.jpgこの移動動物園が最初に訪れたのは2016年10月6日、西原村の河原小学校でした。河原小ではかわいらしいひよこやモルモットを68人の全校児童が出迎えました。 聴診器を使って、人と動物の体の違いを学ぶ獣医師の体験コーナーもあり、子どもたちはウサギに聴診器をあてて人との脈拍の違いを確認していました。

移動動物園はこの後、菊陽町、南阿蘇村、益城町、甲佐町の小学校や、西原村、御船町、益城町、大津町、嘉島町の仮設団地も訪問しました。

エントリー