暮らしを支えてくれた会社や団体

江崎グリコがくまモンの「かみしばいBOX」をプレゼント     2017年3月21日

170321kamisibaiA.jpg熊本地震で被災した子どもたちに元気になってもらおうと、江崎グリコが「かみしばいBOX」を作り、県内の幼稚園などに贈りました。西原村の阿蘇こうのとり保育園では、さっそく子どもたちにお披露目されました。

「かみしばいBOX」には、くまモンが登場する紙芝居とお菓子が入っています。紙芝居は熊本市の金峰山と益城町にある飯田山が高さを比べあうという熊本の民話「山のせいくらべ」をもとにしたお話で、けんかをする2つの山に。くまモンがそれぞれの山のいいところ教えて仲直りさせるというオリジナルのストーリーです。

紙芝居が終わるとサプライズでくまモンが突然登場し、子どもたちは大はしゃぎ。最後にくまモンといっしょにお菓子を食べて笑顔があふれていました。このボックスは県内の幼稚園や小学校の放課後児童クラブ、仮設団地のみんなの家など、およそ1200か所に配られるということです。

エントリー