暮らしを支えてくれた会社や団体

くまもとガンバレ!全国から寄せられた絵手紙展         2017年4月4日

etegamiA.jpg熊本地震からの復興を祈念して全国から寄せられた絵手紙を展示する「元気をもらえる絵手紙展」が、熊本市北区龍田の熊本国際民藝館で始まりました。

絵手紙の創始者で日本絵手紙協会の小池邦夫会長が民藝館の井上泰秋館長と交流があったことから、全国の協会会員ら1500人を超える人から日本絵手紙協会などに寄せられた絵手紙約2000通が展示されています。小池会長の作品も出展され、どの絵手紙も色彩豊かな風物やくまモンに、「がんばれ」「負けるな」といった心温まる応援メッセージが添えられています。

熊本国際民藝館(ホームページは yubiyubi.png こちら)も熊本地震で外壁が崩れたり、棚が倒れて多くの展示品が壊れるなどの被害が出て、復旧工事が続いています。

エントリー