暮らしを支えてくれた会社や団体

法隆寺が県に義援金500万円                  2017年3月14日

170314法隆寺寄付.jpg法隆寺(奈良県)の大野玄妙管長(写真左)が県庁を訪れ、蒲島知事に熊本地震の義援金500万円を贈りました。7世紀に創建された聖徳太子ゆかりの寺、法隆寺は熊本地震の発生直後から境内に募金箱を設置しています。大野管長は今月10日までに参拝者から寄せられた500万円を義援金として蒲島知事に渡しました。

大野管長は「多くの方に熊本の被災されたことをよく認識してもらい、そして今後、それぞれの人々が復興のために寄り添っていく気持ちを持って頂ければありがたいと思っています」と話しました。大野管長はこの後熊本市内で行われた地震の被害からの心の復興を考えるイベントで講演を行いました。

大野管長らの講演「和のこころを語る」の講演録は yubiyubi.png こちら

エントリー