暮らしを支えてくれた会社や団体

クボタが益城、大津、菊陽町の仮設団地で玄米パンふるまう   2017年6月13日

170613KUBOTA.jpg農業機械メーカーのクボタが13日に益城町の仮設団地で県産の玄米を使ったパンをふるまいました。

仮設団地の住民の交流の場を作ろうと企画したもので、3種類の玄米パン100セットが配られました。6月24日には大津町、7月22日には菊陽町の仮設団地でも玄米パンを配る予定です。

エントリー