暮らしを支えてくれた会社や団体

フラッシュモブ 下通アーケードで「第九」演奏          2016年12月18日

雑踏の中や公共の場に集まり、前触れなく演奏を行う「フラッシュモブ」が、クリスマスを前にした熊本市中央区の下通アーケードで行われました。熊本交響楽団、第九の会、NHK児童合唱団など170人以上が、年末恒例のベートーベンの「第九交響曲」を演奏し、被災した熊本の「元気」を発信しました。

フラッシュモブは、熊本の復旧・復興を音楽を通して応援しようと、「くまもと音楽復興支援100人委員会」と「国境なき合唱団」などがコラボし、日本航空の後援で実現しました。

エントリー