暮らしを支えてくれた会社や団体

国際線初のくまモンジェットは「三熊友達号」         2017年5月26日

1705263kumaA.jpgくまモンがデザインされた熊本~台湾・高雄線の特別機の第1便が熊本空港に到着しました。くまモンが国際線の機体に描かれるのは初めてです。

乗客約150人を乗せて熊本空港に到着したのは、チャイナエアラインの特別機「三熊友達号(さんくまともだちごう)」です。

くまモンのほか、台湾観光局のPRキャラクター「オーション」と高雄市のキャラクター「ガオションション(高雄熊)」の3匹の熊が描かれています。

1705260419kumajetB.jpg高雄市は熊本地震後に義援金を募るなど、いち早く復興支援に取り組んでくれており、3匹の熊は友好の象徴として描かれました。第1便にはチャイナエアラインの謝世謙社長(右写真中央)が到着し、空港で蒲島知事とくまモンが出迎えました。

4月19日に台湾で行われた「三熊友達号」就航発表の記者会見には高雄市の陳菊市長も出席し、日本から駆けつけたくまモンに、運航の無事を願うお守りを贈りました。

熊本地震以降熊本を訪れる外国人観光客が落ち込む中、台湾高雄便は昨年6月3日にいち早く定期便を再開しており、搭乗率はほぼ地震前の水準に戻っています。

エントリー