暮らしを支えてくれた会社や団体

福田屋が「福迎え餅」で熊本城支援             2016年12月26日

161227hukudayaA.jpg熊本城の復旧に役立ててもらおうと、熊本市北区の菓子メーカー「福田屋」の福田聖也社長が熊本市役所を訪れ、大西一史市長に支援金80万円を贈りました。

福田屋は8月から熊本城復興を支援するため、商品のひとつ「福迎え餅」が1箱売れるごとに50円を支援金として寄付する活動を続けています。この日は今月までに販売した福迎え餅1万5600箱の支援金を寄付しました。支援金を受け取った大西市長は「災い転じて福をなすという言葉のように、一日も早い熊本城の復旧・復興を目指したい」と話しました。福田屋は今後も支援活動を続けていく考えです。

エントリー