暮らしを支えてくれた会社や団体

ADKと提携する広告15社 くまモンうちわの収益から312万円   2016年8月19日

無題.jpgのサムネイル画像広告大手のアサツー・ディー・ケイとネットワークを組む全国の地方広告会社15社でつくるADKパートナーズネットワーク協議会が、熊本地震の復興応援企画として全国で販売した「くまモン紙うちわ」の収益金の一部約312万円を県に贈りました。

協議会を代表して熊本の広告会社、総合企画の西山喬会長と西山崇社長が県庁を訪れ、蒲島知事に目録を手渡しました。

くまモンの紙うちわは、協議会の各社が5月から7月にかけて、それぞれの地元で合計約12万本を販売しました。

エントリー