暮らしを支えてくれた会社や団体

キリンビバレッジ九州 ベルマークで被災地の学校支援       2016年10月20日 

161020kirinbiba.jpgキリンビバレッジ九州地区本部(澤村勝史本部長、写真左)は熊本地震で被災した学校で役立ててもらうと、消費者や社内で集めたりしたベルマーク3万6071点を被災学校に贈りました。キリングループではベルマークを集めることが被災地支援につながることを知るきっかけになれば、と話しています。

ベルマークは通常家庭で集めたものをPTAが集計し、点数に応じて学校単位で備品などを購入するために使います。個人で集めたても個人で備品を買うことはできないので、学校に通う子どもがいない家庭はベルマークを集めないのですが、個人で集めたものもベルマーク教育支援財団を通じて被災地支援につなげることができます。

熊本地震ではファミリーマートも、店頭に回収BOXを置いて集めたベルマークを合志市立南ヶ丘小学校、熊本市立尾ノ上小学校に寄贈するなど、ベルマークを使った支援が広がっています。

ベルマーク教育支援財団のホームページは yubiyubi.png こちら

エントリー