暮らしを支えてくれた会社や団体

「えがお」が被災地の3町村の被災小学校に紙芝居贈る    2016年10月14日

161014egao.jpg

熊本市の総合健康関連企業「えがお」が熊本地震で被災した益城町、西原村、南阿蘇村の10の小学校に紙芝居セットを贈りました。

益城町の広安西小学校では、北野晶常務取締役が1年生の児童に手渡しました。えがおはこの取り組みを去年から行っています。

エントリー