暮らしを支えてくれた会社や団体

熊本県と政府系ファンドが被災企業支援で連携協定        2016年9月7日

160907REVIC_R.jpg県と政府系ファンドの地域経済活性化支援機構(REVIC)は、熊本地震で被災した企業を支援する連携協定を結びました。県と国が復旧費を一部補助するグループ補助金の制度を活用する企業の支援や、被災地域で新しい事業を立ち上げる企業へのアドバイスなどを連携して行い、被災企業の再生を強力に後押しします。

協定書の署名式では蒲島知事とREVICの今井信義社長(写真左から2人目)が協定に署名し、固く握手しました。REVICは熊本地震の前から熊本バスとカドリードミニオンの再生を支援しています。

エントリー