暮らしを支えてくれた会社や団体

キリンが熊本支援の新「一番搾り」発売 4300万円見込む     2016年10月18日

001.jpgキリンビールは18日、熊本復興支援の新商品を全国発売しました。キリンホールディングスの西村慶介代表取締役常務執行役員が県庁を訪れて、新商品1ケースを小野副知事(右写真左端)に贈呈するとともに、新商品の支援の仕組みを説明しました。

新商品「一番搾り熊本づくり」は原料に熊本県産米が使われているほか、売り上げ1本につき10円が熊本地震の被災地の復興支援にあてられます。小野副知事は「破格の支援で感無量です」とお礼を述べました。キリンビールはこの新商品の販売で4300万円の支援ができると見込んでいます。キリングループのそのほかの商品でも、売上1本につき1円を復興支援にあてています。

エントリー