暮らしを支えてくれた会社や団体

日本惣菜協会と熊本学園大が七夕弁当 食べると義援金に  2016年6月13日

160613TANABATA.jpg

日本惣菜協会と熊本学園大学の学生が、復興支援を兼ねた七夕にちなんだ弁当の試食会を行いました。

弁当チェーンの「ヒライ」が所属する日本惣菜協会は、4年前から熊本学園大と協力して、7月7日の「サマーバレンタインデー」にちなんだ弁当を販売しています。今年は「大切な人に感謝の気持ちを伝える日」として、熊本市西区のヒライ本社で、熊本学園大商学部の波積真理教授と学生16人が、40代から50代のお父さんに向けた「栄養バランス、カロリーひかえめ」の熊本の食材を使った弁当作りに取り組みました。学生たちは七夕にちなんだ天の川や星をちりばめた色彩鮮やかな3種類の弁当を作っていました。

七夕にちなんだサマーバレンタイン弁当はヒライで販売され、収益の一部は熊本地震の義援金として寄付されます。

エントリー