暮らしを支えてくれた会社や団体

アサヒグループが義援金1億円 「がんばろうラベル」も発売   2016年6月2日    

0602_1_2la_R.jpg160602asahi_R.JPG

ビール・飲料大手のアサヒグループホールディングス(HD)が、熊本地震の被災者への義援金1億円を県に贈りました。小路明善社長(写真左)が県庁を訪れ、蒲島知事に目録を手渡しました。

アサヒグループは地震発生直後に1億円の寄付を決定したほか、被災地に大量の飲料を提供するなどの被災者支援を行っています。

7月からは「アサヒスーパードライがんばろう熊本!ラベル」(中びん、写真)を熊本県限定で発売し、売り上げ1本につき1円を復興支援に寄付することにしています。「クリアアサヒ」などの6缶パックについているはがきを送ると、熊本ラーメンやあか牛など、熊本産の食品が当たるキャンペーンも7月から実施する予定です。

エントリー