元気や笑顔をくれた人たち

東京五輪フラッグツアーで小池都知事が来県 「熊本を支える」  2017年4月26日

170426小池知事1_R.jpg東京都の小池百合子知事が2020年東京五輪・パラリンピックの大会旗を披露する「フラッグツアー」のため来県しました。、

県庁で行われたフラッグツアーのイベントでは、オリンピック旗が小池知事から蒲島知事へ手渡されました。小池知事は「オリンピック・パラリンピックへの夢と希望とともに、オール・ジャパンで皆さんを支えているというエールを送るため、東京都としても復興に向けて、できる限りのお手伝いをする。フラッグツアーをベースに復興に向かっていただきたい」と語りました。蒲島氏は「全国の支援に感謝し、復旧・復興にまい進したい」と述べました。

170426gorinanbasaA.jpgイベントには東京五輪のアンバサダーを務めるフィギュアスケートの安藤美姫さん(右写真上)のほか、ロンドン五輪バドミントン女子ダブルス銀メダルの藤井瑞希さん(右写真下)が出席。パラリンピックのメダリスト、浦田理恵さん(ロンドン大会ゴールボール女子金メダル)、乗松聖矢さん(リオデジャネイロ大会車いすラグビー銅メダル)の乗松聖矢さんも参加しました。藤井さん、浦田さん、乗松さんはいずれも熊本県出身の選手です。

式典の後小池知事は益城町の仮設住宅や損傷した熊本城などを視察し、都が益城町で農産物の商談会を開き、熊本の農業生産者の首都圏への販路拡大を支援することを明らかにしました。

エントリー