元気や笑顔をくれた人たち

美女13人が熊本城復旧に19万円を寄付          2017年4月12日

170412missA.jpg世界一の美女を決めるミス・ユニバースの日本各県代表13人が熊本市役所を訪れ、熊本の美の象徴である熊本城の復旧に役立てて欲しいと、大西一史市長に19万円の寄付金を手渡しました。イベント会場などでの募金活動で集めたもので、熊本城の復旧に役立てられます。

熊本代表の野口真未さん(写真右)は「熊本城は思い出の詰まった大切な場所です。復興のため私にできることから始めていきたい」と話しました。大西市長は「復興には時間がかかるが、それぞれの地域からの支援を力に変えていきたい」と礼を述べました。

エントリー