元気や笑顔をくれた人たち

「益城町のコスモス」など80点 小池アミイゴ作品展       2017年4月29日

あみーご2_R.jpg津奈木町のつなぎ美術館で、イラストレーター、小池アミイゴさんの作品展が始まりました。2016年に初めて訪れ、心を奪われた不知火海の風景や、熊本地震後に益城町で目にしたコスモスなど、被災地に咲く花を集めた作品80点あまりが並んでいます。小池さんが前震の10日前に見たどっしりした熊本城の姿を描いた「清明の熊本城」も展示されています。

あみーご1_R.jpg小池さんは東日本大震災で被災した東北沿岸地域を中心に回って絵を描き続けています。会場を訪れた小池さんは「自分の心の中にあるあったかいものとか美しいものと、自分の中にあるものが出会って、それがその人の生きる力になると思う。そういう人たちの力をみんなが少しずつ気づいて、それを人に与えていくきっかけになってもらいたい」と話しています。

エントリー