元気や笑顔をくれた人たち

巨人戦11年ぶりに熊本で開催 立岡が大活躍         2017年4月18日

170418giantsA.jpg2016年は熊本地震のため開催直前に中止となった巨人戦が、11年ぶりに県内で開催されました。超満員の藤崎台県営野球場で大活躍したのは、熊本出身の立岡宗一郎選手(写真左下)でした。

初回、2番立岡が左前打で出塁し、2死後に4番阿部が左中間に運ぶ安打で1塁走者の立岡は俊足を飛ばして一気にホームへ。先制点を奪い、地元のファンの声援に応えました。ヤクルト先発の熊本出身の山中も、要所を締めて追加点を許しません。5回裏には立岡がこの日3本目の安打でチャンスを広げ、2死1、3塁で阿部が右前に2本目のタイムリーで追加点を奪いました。

投げては先発の菅野がヤクルト打線を完封。投打がかみ合った巨人が3対0で勝ちました。立岡選手は「打席に入る時の声援が力になったし、みなさんのおかげで打てて勝てたと思う」と話しました。

sukoa.jpgyakurutote-buru.jpgyakute-buru2.jpgkyojinte-buru.jpgkyojinnte-buru2.jpg

エントリー