元気や笑顔をくれた人たち

「なでしこ」佐々木元監督 南阿蘇村で「夢の教室」        2017年1月17日

170118sasakiA.jpgサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」元監督の佐々木則夫さんが、南阿蘇村を訪れ児童と交流しました。熊本地震で被災した子どもたちの心と体の元気を取り戻そうと、日本サッカー協会が県内14の学校で行う「夢の教室」のひとつです。

17日は両併小学校を訪れ、体育館で児童とボール遊びをしてふれ合いました。教室で授業も行い、佐々木さんは転校が多かった自身の小学校時代を交えて「地震に負けずに前向きに受け止めていくことが成長につながります」と児童を励ましました。

エントリー