元気や笑顔をくれた人たち

「歌のチカラで」谷村新司さんが特養ホーム訪問         2016年11月28日

1612tanimura.jpg歌手の谷村新司さんが熊本市南区の特別養護老人ホーム「天寿園」を訪れ、「ふるさと」「いい日旅立ち」などをいっしょに歌って、お年寄りを励ましました。

谷村さんは東日本大震災や新潟中越地震などでも歌や音楽で被災地を支援しており、今回の訪問も「被災地に歌を届けたい」という谷村さんの思いで実現しました。

谷村さんはまた、法務省が進めている「社会を明るくする運動」のフラッグアーティストを務め、更生施設を訪れるなどして保護観察対象者の立ち直りを支援しています。

地震にあったお年寄りを励ますと同時に、保護観察対象者と交流するため、介護補助などに積極的に保護観察対象者を受け入れている天寿園で開かれました。

谷村さんは「歌のチカラで気持ちを一つにしたい」とお年寄りに寄り添って歌を歌い、「地震の傷は簡単には癒えない。でも現実を前向きに受け止めてできるだけ楽しむ方向に向いてもらえるといいなと思う。また熊本に歌いに来たいので、みなさん待っていてほしい」と話しました。

エントリー