元気や笑顔をくれた人たち

リオ五輪金メダリスト萩野選手ら 南阿蘇村を訪問        2016年11月19日

161118gorin.jpgのサムネイル画像リオデジャネイロオリンピック水泳で金メダルを獲得した男子競泳の萩野公介選手(写真中央)と、女子ウエイトリフティングで銅メダルの三宅宏実選手(写真右)が、熊本地震の被災者を元気づけようと、南阿蘇村の南阿蘇中学校を訪れました。JOC(日本オリンピック委員会)の熊本地震支援活動の一環で、アスリート専門部会副部会長で元マラソン選手の高橋尚子さん(写真左)の司会でトークショーを行いました。

参加した小中学生はメダリストに活発に質問し、中には歌を聞かせる人もいて、メダルに触れさせたもらったり、選手と握手したりと、会場は終始和やかな雰囲気に包まれていました。支援活動は20日、熊本市などでも行われました。

エントリー