元気や笑顔をくれた人たち

世界的ピアニストが益城町でコンサート             2016年10月19日

161019syopanA.jpg世界のピアノコンクールで最も権威があるコンクールのひとつ、ショパン国際ピアノコンクールで優勝経験もある世界的ピアニストが益城町を訪問し、復興を応援するピアノコンサートで世界一の音色を披露しました。

益城町を訪れたのは、ロシア出身のユリアンナ・アヴデーエワさん(31)です。アヴデーエワさんは2010年の第16回コンクールで女性ピアニストとして45年ぶりに優勝し、世界を舞台に活躍しています。東日本大震災の時も被災地支援のためにチャリティCDを出していますが、今回は「被災地の子どもたちを応援したい」と、日本ツアーの間をぬって益城町を訪れました。

益城中央小学校の体育館で開かれた復興応援ピアノコンサートで、アヴデーエワさんはショパンの「ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53(英雄ポロネーズ)」など4曲を演奏しました。子どもたちは世界一の音色に聴き入っていました。

エントリー