元気や笑顔をくれた人たち

室伏広治さん益城町の中学生を激励「得意分野を見つけて」       2016年9月30日

160930murohushi1.jpg陸上男子ハンマー投げのアテネ五輪金メダリストで、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会のスポーツディレクターを務める室伏広治さん(写真左)が30日、益城町の中学校を訪問しました。熊本信愛女学院高出身で、アトランタ、シドニー五輪陸上女子1万メートルに出場した川上優子さん(宇城市出身、写真右)とともに木山中で講演した室伏さんは、自分には瞬発力があり、持久力がある川上さんとは得意分野が違うと話し「自分に向いているこ160930murohusi2.jpgとを見つけ、その道でがんばることが大切。それを見つけるのが学校」と語りかけました。

途中で生徒にハンマー投げの実技指導があったほか、講演の後は場所を移してバランスボールを使った「New MO(ニューモ)」という室伏さんが考案したスポーツで生徒と交流しました。室伏さんは「スポーツの交流を通してみんなが笑顔になっているのを見ると、(震災を)乗り越えていってくれるのではないかと期待を持てました」と話しました。

エントリー