元気や笑顔をくれた人たち

再春館バドミントンチーム優勝報告 知事「夢と勇気くれた」   2016年7月8日

160708saisyun_R.jpg再春館製薬所のバドミントンチームの選手と監督など11人が8日、県庁を訪れ、3日まで福井県で開かれた大会の団体戦で初優勝を飾ったことを蒲島知事に報告しました。

最優秀選手に選ばれたシングルスの伊東可奈選手は知事に「絶対に初優勝したくて、勝ちたいという気持ちが良い方に働いて、緊張がなく、みんなの顔をみたり、応援して下さる人の顔をみたりして、それが力になって優勝できたと思う」と蒲島知事に話しました。知事は「チームの優勝は地震で弱っている県民に夢と勇気を与えたと思う。感謝したい」と選手らをたたえました。

エントリー