元気や笑顔をくれた人たち

ホークス工藤監督が義援金 選手は益城町で交流       2017年5月12、13日

170513KUMATAMA.jpgプロ野球福岡ソフトバンクホークスは2017年5月13日、藤崎台県営野球場で楽天と対戦し、3-2で地震後初めてとなる熊本での公式戦に勝ちました。

両軍選手と審判員は「熊本を、野球で元気に!」と書かれたリストバンドを着用したほか、くまモンと日付が刻印された試合球が使われました、リストバンドと試合球には選手のサインを入れ、後日、震災復興チャリティーオークションに出品されることになっています。

130512HAWKSa.jpg

試合前日の12日には、ソフトバンクの工藤公康監督が熊本県庁と熊本市役所を訪れ、それぞれ個人で100万円の義援金を贈呈しました。選手たちは地震で被災した子どもたちを元気づけようと、益城町の小学校を訪問しました。このうち元メジャーリーガーの川崎宗則選手や内川聖一選手など6人は広安小学校をサプライズ訪問し、子どもたちと交流しながらプロの技術を披露しました。プロ野球選手の思いがけない訪問に子どもたちは大興奮の様子でした。川崎選手は「大変な思いをしたと思うが、子どもたちは明るくてこちらが元気をもらった。楽しかった」と語りました。

工藤監督は2017年1月にも西原村を訪れ、野球教室を開催しています。

エントリー