元気や笑顔をくれた人たち

日本ゴルフツアー機構の青木功会長ら、義援金3402万円        2016年5月12日

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長(73、写真左)と松井功副会長(74、写真右)が12日、東京・港区の報知新聞社を訪れ、熊本地震の義援金3402万8559円を公益財団法人報知社会福祉事業団の早川正理事長(写真中央)に寄託しました。義援金は日本赤十字社を通じ、全額が熊本地震の被災者に送られます。
160512aoki_R.jpg
義援金の内訳は、JGTO3トーナメントの選手獲得賞金の10%、チャリティーサイン会での募金、ザ・レジェンド獲得賞金の10%、プロキャディー有志の募金、JGTOからの義援金200万円など。早川理事長は「熊本ではまだ1万2000人が避難生活を送っています。この(選手たちの)気持ちは熊本のみなさんの励ましになると思います」と話しました。

(写真はスポーツ報知配信)

エントリー